「ガリレオのガリレオガリレイ」って一体何なの???

 

「ガリレオのガリレオガリレイ」って一体何なの???

【ガリレオのガリレオガリレイ】という言葉が気になって(検索して)、
『今まさに』このホームページを見てしまっている、これこそが検索順位を上げるテクニックです(笑)

 

ブログ初心者が知りたい

【テクニック&書き方のコツ?SEOを駆使して上位表示を目指せ!!】

 

例えば・・・

 

名古屋格安ホームページ
↑↑↑ハライチ澤部さんの上が僕です

 

【ラーメン屋 〇〇】というような、ビッグキーワードで検索順位1位を取ると、

 

なんと!!テレビ出演などの依頼に繋がることも・・・・

 

因みに、[ラーメン] [チャーハン]で検索してみてください。

 

たぶん1ページ目に僕が作ったホームページを見つけることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

ホームページやインターネット活用での悩み事・・・???

 


 

  • アナログな人間でも、気楽に何でも相談できる場所が欲しい
  •  

  • ホームページが欲しいんだけど、何をすれば、どこに頼めばいいか解らない
  •  

  • ブログってよく芸能人が書いてるけど、一般人でも書く意味ってあるの・・・?
  •  

  • ホームページ持ってるんだけどね・・・集客がまったくダメ!アクセスってあるのかなぁ?
  •  

  • facebookやりたいけど、個人情報とか、情報流出とかって大丈夫???

 

 

※でも・・・実は密かに一番多い悩みはきっとコレ!!

 

↓↓↓↓↓

 

何から始めていいのかサッパリ???

 

 

恥ずかしくて誰にも聞けない(汗)

 

 

 

WEBコンサルティングがなぜ必要なのか???

 

 

 

自社のホームページからなぜ?仕事の依頼が来ないのか?

 

果たして、うちのホームページにアクセスはあるのか?

 

どうしていいのかわからない、ホームページ制作会社にどう注文(文句)をつけていいのかすらわからない。

 

  • 何をどぅ直せばいいのか?
  •  

  • どこをどぉいじればいいのか?

 

 

そんな時の為に、ホームページアドバイザーがあるのです。

 

 

 

 

 

 

【ホームページをどーやってみんなに見てもらえるようにするか?】

 

  • タイトルと説明文で、まず興味を持ってもらう(クリックしてもらう)
  •  

  • ホームページ内で、詳しく説明して納得してもらう

 

 

その【タイトル】【説明文】が人の目を引きやすいタイトルだったり文章だったりすれば、

 

自然と検索順位は、上がって行くって仕組みです。

 

 

 

だから・・・・・

 

 

ホームページ作りませんか???って営業マンから電話や直接言われたとして、

 

その営業マンが、とても

 

  • 感じや見た目がいい人
  • 知識がとても豊富そう
  • おしゃべりが上手
  • 頭の回転が速い(想像力が豊かそう)
  • この人なら、いいホームページが作れそうだ!

 

 

でも、意味がないわけです。

 

だって、【この営業マンがホームページ作るわけではないのですから!】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【検索キーワード】 ラーメン店 店主
《検索順位1位》 ビッグキーワード らーめんで1位を獲得しました。
http://raamenkaigyou.com/
※検索順位1位のおかげで、フジテレビの番組にも呼んでいただきました!
仏壇,処分,処理,回収,費用,価格,激安,お仏壇

 

 

 

 

【検索キーワード】 名古屋 空き家バンク
【検索キーワード】 名古屋 空き地を駐車場に
《検索順位1位》
【検索キーワード】 家庭用エレベーター 名古屋
《検索順位1位&2位》
http://www.nagoya-akiya.com/
名古屋というビッグ地域ながら、1位を獲得!!
東海テレビONEに取材していただきました!!
仏壇,処分,処理,回収,費用,価格,激安,お仏壇

 

 

 

 

 

 

【検索キーワード】 ガスの乾太くん 取り付け 名古屋
《検索順位3位》
【検索キーワード】 家庭用エレベーター 名古屋
《検索順位8位》
http://リフォームリノベーション名古屋.com/
※ガスの乾太くんは、検索順位は良くないけど、なぜだか毎月コンスタントに売れています!

 

 

 

 

 

ホームページの役割

 

 

ネットさえ繋がる環境であれば、24時間365日知りたいと検索してくれた人へ、自分の情報を提供できる媒体(広告)

 

ネットさえ繋がる環境って書きましたが・・・・今の時代、スマホをいじってない人なんていませんからね。

 

常に人は、新しい情報・自分が欲しがってる情報を手に入れたいわけですから、

 

このご時世にホームページを持っていないで、何かを発信するなんてありえないです。

 

 

インタネットを使わない世代(例えば高齢者向け)の媒体を宣伝・広告するにも、
結局、インターネットの検索順位が大きく関係してくるのです!
※このノウハウについても、ご説明します。

 

 

 

 

WEBコンサルタントの重要性

 

 

 

なぜ?WEBコンサルタントが必要だと思いますか???

 

日本人って結構自己アピールするの下手なんですよ!

 

せっかく自分やお店のホームページ持ってても外へアピールしなかったら、

 

意味がないですからね!

 

その辺を含めて、コンサルティングしていきたいと思います。

 

 

まずは、snsに自分のホームページをアピールするところからですね!

 

 

 

それともう一つ!!

 

 

 

自分のホームページを客観的に観てもらうのも、コンサルタントの重要な部分ですね。

 

 

例えば、「整体」「カイロプラティック」の2つのキーワードがあります。

 

体の調子が悪い方が、主に検索すると思うのですが、

 

「整体」と「カイロプラティック」 どっちのキーワードを沢山の人が検索すると思いますか?

 

【腰痛 整体】 or 【腰痛 カイロプラティック】

 

 

答えは、圧倒的に、【腰痛 整体】ですよね。

 

一般的に使われるキーワードを攻めた方が、集客しやすいのは、当たり前です。

 

 

ですが、カイロプラティックを経営されている方は、【整体】ってキーワードを使いたがらないんです。

 

美容師さんと理容師さんくらいの違いが、あるのかもしれませんね。

 

 

ですが、検索する側(お客さん)からすれば、そんなこだわり知ったこっちゃないんです。

 

なんせ早く、腰痛を治したい!!

 

では、どこにいけば腰痛を治してくれるのか?その情報が欲しいのです。

 

 

【うちに来てくれれば、絶対に腰痛を治してみせる!それだけの知識と腕はある!】

 

と、どれだけ訴えかけても、ホームページを開いてもらえなければ、何の意味もないのです。

 

先程もお伝えしましたが、検索順位1位で、30%・検索順位2位で10%・検索順位3位で、10%未満・4位以降はほぼ0です。

 

 

まずは、広く集客し、そこから徐々に狭めていく(地域や地名などで)

 

最初から、狭い範囲で集客するのは、まったく人が住んでいない地域でお店を開くようなものなんです。

 

 

 

じゃあどぅやって宣伝すればいい?【選挙ポスター】をイメージしてみるとわかりやすいかも

 

 

あなたが今度の選挙に立候補するとしましょう。

 

  • 【選挙ポスター】は、自分が飼っているペットの写真にしますか?
  •  

  • あまりみんなに見られたくないから、ポスターの貼る量を他の人より減らしますか?
  •  

  • 顔写真は、誰だかよくわからない小さい写真にしますか?
  •  

  • 当選したとしても、自信ないなぁ〜って表情の写真を使いますか?

 

 

これ、ホームページを持ってる人でうまく活用できていない人にありがちなパターンなんです!

 

上の項目に、自分や、お店のホームページを当てはめて考えてみてください。

 

 

 

 

 

ホームページの世界では、【言葉を制する者が検索順位を制する】

 

 

要するにコピーライティング力です

 

 

ガスの乾太くんなんて、【検索順位3位】なのに、月に1台は購入していただいています。

 

それはなぜだと思いますか?

 

【こちら】をよく見てご自分で考えてみてください

 

《どうして食器洗浄機は取り付けるのに衣類乾燥機は取り付けないのでしょうか?》

 

どこがどう違うのか?

 

最初にも、お伝えしましたが、「クリック」してもらうにはどぅしたらいいか?

 

そこが、重要なんです!

 

 

発想力だけで検索順位を上げる

 

 

もう今の時代、掃いて捨てる程、ホームページはありますからね。

 

これからは、

 

  • いかに隙間をつくか!
  • いかに誰も考えていないような発想をするか!

 

だと思います。

 

 

なので、何十万円も出して、ホームページを作ったとしても、

 

作っている人間にその才能がなければ、絶対に上位表示はされません。

 

 

上位表示されなければ、何十万・何百万も出して作ったホームページを誰も見てくれないと言うことです。